経済力があれば誰でもカードローンを利用できる

お金

ローン商品の選び方

お金

上限金利で比較する

日本には、多くの金融機関があります。キャッシングサービスを提供しているところもたくさんあるので、お金が必要になった場合、どこで借入をしたらいいのかとなります。どのキャッシングに申込みをするかは、テレビCMでの知名度やブランドイメージ、限度額の大きさ、申込みのしやすさ、手続きの簡単さなどがありますが、結局のところお金を借りたら返さなくてはならなくなります。そのお金を返す際に適用されるのが金利です。借りたお金にプラス利息を付けて返さなければならないのです。そのため、金利が重要になってきます。金利は高ければ支払う利息も高くなり、低ければ利息の負担も軽くなります。金利は低い方が圧倒的に有利です。では、キャッシング商品の金利表示を確認すると、4.8%〜18.0%といったように表示されています。4.8%は最低金利で、18.0%は最高金利となります。金利は低い方がいいので、4.8%に目がいってしまいますが、実際に申込みをして契約をするとほとんどの方が18.0%からスタートするのです。その理由は、金利は限度額の大きさによって決定するからです。はじめてキャッシングを利用される方に、最初から低い金利は適用されないです。まずは少額の限度額からスタートして、返済実績を積み信用がついてきてから限度額増額ができるようになり、増額をすると当時に金利が下がっていく仕組みであるからです。キャッシングを金利で選ぶなら、上限金利を比較して少しでも低い商品を選ぶことです。