経済力があれば誰でもカードローンを利用できる

お金

金利と限度額の関係

女性

限度額の大きさで金利決定

金利は、4.5%〜18.0%といったように幅を持たせて表示されています。はじめてキャッシングを申込みをされる方の中には、審査の結果次第でこの金利の範囲のどこかで決まると思われているかもしれませんが、申込み者の多くは18.0%での契約となります。どんなに年収の高い人であっても、最初から4.5%で契約できるケースはほとんどなく、消費者金融の場合はよくて15.0%〜となっています。その理由は、キャッシングの金利は限度額の大きさによって決まるからです。そもそもこれまでキャッシングの経験がなく、はじめてお金を借りる人に対して、500万円をポンっと融資をする、そういったことはないのです。信頼のおける人に対してなら融資をすることができますが、何の返済実績もなく本当にお金を貸したらきちんと返済をしてくれる人なのか分からない人に大きい限度額を貸す危険なことはできませんので、まずは少額の50万円以下の限度額から融資を行い、一定期間の返済実績を積んでいくことで信用力が増し少しずつ限度額を増額することができるようになるのです。限度額を増額して、100万円以上にすることができれば、金利も15%以下に下がります。貸金業法で限度額100万円以上は15%以下にしなければならないと決まっているからです。そこからさらに、200万円、300万円とキャッシングの限度額を増額することができれば金利はさらに下げることができるのです。